国際公会計学会第19回全国大会は、2016年8月26日(金)・27日(土)にグランドホテルニュー王子及び苫小牧駒澤大学(北海道苫小牧市)にて開催されます。

 統一論題は「地方自治体における会計・監査の透明性に係る課題とその解決法」です。


<場所>

8月26日(金) グランドホテルニュー王子 2F 芙蓉
8月27日(土) 苫小牧駒澤大学

注:26日と27日は会場が異なりますのでご注意ください

<内容>

1日目:平成28年8月26日(金)

12:30~  受付(2F芙蓉エントランス)

12:30~13:15  旧理事会(2F牡丹)

13:15~14:00  会員総会(2F芙蓉)

14:00~16:45  統一論題報告(2F芙蓉)
「地方自治体における会計・監査の透明性に係る課題とその解決法」

 座長:伊藤 龍峰 (西南学院大学)
 パネリスト:宮本 幸平(神戸学院大学)
        吉田 博(札幌市役所)
        石田 晴美(文教大学)
        蕗谷 竹生(有限責任あずさ監査法人)

17:00~18:00 記念講演会(2F芙蓉)

「公会計改革と行政運営」  講師:宮脇 淳(北海道大学)
司会:吉見 宏(北海道大学)

18:00~20:00 懇親会(2F若草)


2日目:平成28年8月27日(土)

9:30~   受付開始

10:00~12:10 自由論題報告

 第1会場 (C103教場)

「国公立大学法人における管理会計研究の意義」 (報告者:佐々木 多恵(神戸大学大学院生) 司会:久保 淳司 (北海道大学))
「地方自治体の価値創造経営と業績評価のフレームワーク」 (報告者:松尾 亮爾 (関西学院大学大学院生) 司会:久保 淳司 (北海道大学))
「地方自治体監査におけるリスク・アプローチ手法の実務について」 (報告者:金  志煥 (公認会計士) 司会:日野 修造 (中村学園大学))
「地方創生関連予算による事業推進と業績評価の課題―長崎県佐世保市における産学官連携人材育成を対象として―」 (報告者:宮地 晃輔 (長崎県立大学) 司会:日野 修造 (中村学園大学))


 第2会場 (C102教場)

「わが国地方自治体における国債等債券の期末評価」 (報告者:益戸 健吉 (関西学院大学大学院生) 司会:遠藤 尚秀 (福知山公立大学))
「不正摘発における戦略計画の意義―英国地方自治体における不正摘発戦略(Counter Fraud Strategy)の考察―」 (報告者:川嶋 徹也 (関西学院大学大学院研究員) 司会:遠藤 尚秀 (福知山公立大学))


12:10~13:10 昼食休憩(会員控室(カフェテリア))
12:10~13:10 (新)理事会 (2F 大会議室)

13:10~15:10  統一論題ディスカッション(C103教場)
「地方自治体における会計・監査の透明性に係る課題とその解決法」

 座長:伊藤 龍峰 (西南学院大学)
 パネリスト:宮本 幸平(神戸学院大学)
        吉田 博(札幌市役所)
        石田 晴美(文教大学)
        蕗谷 竹生(有限責任あずさ監査法人)



 詳細は、第19回大会パンフレットをご覧ください。
     

以前の活動記録はこちら